日本の教育と子ども達の未来に関して

日本の子ども達は優秀だと言われていますが、すぐ後ろを振り返ると中国や韓国の猛追を受けています。教育問題を真剣に議論する時期ですし、どんどん知識を詰め込んでおくべきではないでしょうか。その典型と言えるのが、英語教育ではないでしょうか。偏差値だけでは能力を計ることが出来ませんし、英会話のスキルを伸ばすべきです。海外留学を推奨するのも良いですし、英語の授業数も増やすべきではないでしょうか。世界に通用する人間を育てることが、日本の存在価値を高めるのではないでしょうか。教育の無償化が議論されていますが、平等な機会が与えられるのは幸せなことです。日本に生まれたことを感謝しつつ、努力を惜しまないことが重要です。塾や予備校のレベルも高いですし、教育への投資を惜しんではいけません。やがては大きな効果を生むはずですし、チャレンジすることが大切ではないでしょうか。素晴らしい国にすることが、先人の思いに応えることです。