スポーツは子供の教育に必要だと思われます

子どもの教育は将来的に社会に適応してある程度のお金を稼ぐことが出来る人にしてやりたいと親が考えているからやる物であると思われます。現在日本は学歴社会であり、学業の成績によっていい大学に行けるかどうかが決まります。しかし実際に会社に入ってみると成績がいい物が必ずしも出世しているとは言えない部分があります。もちろん学業が出来ていい大学に入ることは大変大切ですが、それだけでは出世できるとは限らないと言うことです。その学業以外の部分は子供にスポーツをやらせることによって自然と学ばせる必要があると思われます。スポーツ団体に入ってみんなと競争する間に人間関係の乗り切り方などを自然と身に付けてその部分が将来社会人になった時に生きてくるのではないかと考えられます。社会への適応性はスポーツ団体に入ると自然に身につけることが出来ると考えているのですが、これは間違っていないはずです。だから子供の教育を考える時学業だけでなくスポーツ団体に入れてスポーツもできる子にすることは大事だと思われます。